校長室の窓から

過去のブログはこちら

訪問者別メニュー

  • 学校を知りたい方はこちらから
  • 入学・転入学をお考えの方はこちらから
  • 在校生の保護者の方はこちらから

寒さなんかに負けてられない

18年12月11日

先週の後半から急激に気温が下がってきました。

それまで暖かい日が続いていましたので、寒さが身に応えます。

しかし、そんな中でも子どもたちは元気に学校生活を送っています。

休み時間には、多くの子どもたちが屋外に出て遊んでいます。

低学年の児童はベル広場で過ごすことが多いのですが、冬らしい遊びが始まっていました。

DSC08598

    縄跳びで遊ぶ子どもたち

 

ベル広場では、縄飛びを持った子どもたちがたくさん遊んでいます。

体が温まるので、冬の遊びとしては最高です。

 

運動場で行われる体育の授業も、冷たい風の中で行われます。

体育の授業の冒頭から、ベル広場を走る子どもたちの姿が見られました。

DSC08597

     ベル広場を駆け抜けて

 

準備体操代わりに体を温める(ウオーミング・アップ)ために走っているのでしょうか。

それだけでなく、マラソン大会に向けた練習にもなります。

この後、運動場での体育授業が始まっていきました。

 

そんな寒い中でも、心が温まるとても嬉しいことがあります。

先日紹介した、校門付近での落ち葉掃除が続いているのです。

DSC08596

     落ち葉掃除をしています

 

桜の葉も落ち切って、落ち葉の数は少なくなっていますが、それでも毎日やってくれています。

この子たちが掃除を始めて2週間になりました。

「苦にはならない!2学期中は続ける。」という、2人の言葉が、何とも頼もしい限りです。

ページトップへもどるよ