トピックス

研究目標「表現力を育てる」(2年次) ~グローバルリーダーの基盤となる資質・能力の育成 ~   研究主任 和田智恵美

 研究目標「表現力を育てる」~グローバルリーダーの基盤となる資質・能力の育成~を掲げて2年目となります。昨年度はそれぞれの学年やクラスの中で,学習のまとめとして書いたものを伝え合ったり,プレゼンテーションを行ったり,様々な表現力を育てる取り組みを行ってきました。今年度も引き続き,インプットしたものを上手くアウトプットできるように,授業や日常生活の中に子ども達が表現する場面を多く取り入れて,自分の意思や提案を相手に伝える力が育つように指導していきます。
 令和6年度学校目標には,「魅力あふれる学校を創るー自ら学び考動する子どもの育成ー」があげられました。本校の創立の精神である親孝行の「孝道」とともに,もう一つ大切になる「考動」。自ら考えて主体的に学び,集団の中で協力して活動する中で,自分自身を高めることができる子ども達を育てていきたいと考えています。改革の一つとして取り組んでいる総合的な学習の時間では,特に学習のまとめとして「表現力」が必要になってきます。子ども達は,学んだことを発表・交流しあう中で,他の児童の発表から自分の発表を改善したり,また新たな課題を見つけたりしながら学びを深めていきます。相手意識や目的意識を持たせながら,表現力を磨く指導を行います。
           
その他の特色ある実践

①「一斉読書タイム」の取り組み
 子ども達に読書習慣を定着させたいという思いから,今年度から朝の10分間を一斉読書の時間にしました。チャイムが鳴ったら,先生が来ていなくても,静かに本を読み始めます。
 1人1冊本を持ち,登下校中や空いた時間を,子ども達が読書を楽しめるように,図書館も活用しながら積極的に読書を推進させていきたいと思います。
②ICT教育の推進
 本校は1年生から全児童がタブレットを持って学習しています。表現力を磨くためには,ICT機器の活用は欠かせないものです。児童がICT機器を有効に使い,主体的・協働的に学ぶ効果的な指導方法を日々研究し,授業に活かしています。本校は全国でも数少ないロイロノート指定校に認定されるなど,多くの実践を行っています。日々の授業だけでなく,オンライン授業や個別最適化学習なども含め,ICT機器がどのような場面で活用できるかを実践・研究しています。

③英語教育の充実
 グローバル教育の拡充を踏まえた,英語教育を推進しています。TOEFL Primaryの実施や,10日間のニュージーランド研修など,様々な取り組みを行っています。また,今年度から3・4・5年生でグローバル研修を取り入れました。少人数で1日中,ネイティブの先生と英語のみで過ごします。楽しくコミュニケーションを取りながら,英語の力を伸ばしていけるように指導していきます。

④豊富な教員の授業研修
 子ども達の学びを支えるためには,教員が学び続ける必要があります。先生方は日々の教材研究だけでなく,教科部毎の研究授業や新しい先生の研修授業,個人の公開授業など,多くの授業研修を行っています。授業の技術向上を目指し,日々研究しています。

 子ども達が主体的に学び,未来のグローバルリーダーとなるような資質や能力が身につけられるように,全教員で研究活動に取り組んでいきます。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。