校長室の窓から

むかしのあそび

19年01月22日

校長室の窓を通して、子どもたちの元気な声が聞こえてきました。

歓声に混じって、「カチーン カチーン」と、高い音も聞こえてきます。

何かが始まったようです。

カーテンを開けて覗いてみると、「はねつき」をして遊んでいる様子が目に跳び込んで来ました。

1年生が「むかしのあそび」の体験を始めたようです。

 

      羽根突き            コマ回し

 

ベル広場に出てみると、羽根突きだけでなく、コマ回しもやっていました。

羽根に羽子板を当てて、とばすのは、なかなか難しそうです。

向かい合って打ち合っても、なかなか続きません。

それでも、楽しそうに遊んでいます。

一方、すみっこで行われているコマ回しにも、なかなか苦労していました。

一番上手なのは、やはり先生です。

子どもたちは、コマにひもを巻くのにも苦労していました。

うまく回せるようになるには、だいぶ時間がかかりそうです。

それでも、中には徐々に要領を身に付けていく子も出てきました。

 

     沢山の羽子板         コマも沢山あります

 

これは、生活科の授業で、昔の遊びを体験しているのです。

羽根突きもコマ回しも、私が幼い頃には、お正月の遊びとして楽しんだものです。

なつかしくて、私も少しやらせてもらいました。

訪問者別メニュー

  • 学校を知りたい方はこちらから
  • 入学・転入学をお考えの方はこちらから
  • 在校生の保護者の方はこちらから

ページトップへもどるよ