校長室の窓から

過去のブログはこちら

訪問者別メニュー

  • 学校を知りたい方はこちらから
  • 入学・転入学をお考えの方はこちらから
  • 在校生の保護者の方はこちらから

寒い中でも

19年02月01日

校長室の窓の向こうにはベル広場と呼ばれるこじんまりしたスペースがあります。

主に低学年児童の遊び場所として使われるのですが、屋外での学習にもちょうど良いスペースになっています。

今朝は、小雪がちらついていましたが、1時間目の授業が始まる頃には、明るい日差しが戻っていました。

そんなベル広場で始まったのが、洗濯です。

 

      たらいを囲んで             ソックスの手洗い

 

数人ずつのグループに分かれて、たらいを囲んでいます。

洗っているのは校章の刺繍が入ったソックスです。

洗濯板を使い、洗剤はなつかしい固形石けんです。

水は、お湯ではなく、普通の水道水です。

交替で、自分のソックスを洗濯していきます。

 

これは、3年生社会科の「むかしの暮らし」の学習の一環です。

洗濯機が普及する以前の手洗いでの洗濯を実体験しています。

計画を聞いたとき、「こんな寒い時にしなくても。」と、学年の先生に言うと、「寒い時だからこそ、本物の学習ができるのです。」との反論が返ってきました。

寒い中、冷たい水を使って洗濯をした記憶は、いつまでも子どもの心に残ることでしょう。

 

ベル広場は、1年生の学習でも使われています。

先日は、画用紙で作った風車を転がして、空気や風の学習をしていました。

 

      かたちを整えて              風を追いかける

 

寒い中でも、ベル広場での子どもたちの学習は続いています。

ページトップへもどるよ