心まにまに

きつつきの商売

3年前の春、私は3年生の担任を任されました。
春休みに真新しい国語の教科書を開き、4月、5月の単元の教材研究を始めました。その中に『きつつきの商売』という物語がありました。初めて目にするお話です。

内容は…、ブナの森に住む一羽のきつつきが、森の動物たちを相手に商売を始めます。売り物は「音」、お店の名前は『おとや』。いろいろな動物が、きつつきが出す音や森にあふれる音を聴きにやってきます。…

 

読んでいると静かな森の中で木々に抱かれているようなゆったりとした気持ちになり、一気に惹きつけられました。挿絵も可愛らしく、きっと子どもたちも好きになるにちがいありません。

ブナの森に立つと、どんな気分になるのだろう…。授業に入る前に実際にブナの森を体験してみよう!と、大型連休の初日に大阪府豊能郡能勢町の妙見山へ出かけました。ここには、大阪府の天然記念物に指定されている「ブナの森」があるのです。

 

ブナの若い葉を透した柔らかい日射しが地面にとどきます。

物語に出てくる『うろ』も見つけました。ただいま、空き家のようです。

ブナの森に立った感想は「とにかく気持ちいい!」。ブナの木は幹にも枝にも表情があって「楽しい」とも感じました。物語の作者がブナの森を舞台に選んだ理由が分かる気がします。きつつきに会えなかったのは残念でしたが、たくさんの野鳥を見かけました。

さっそく、これらの写真を大きく引き延ばして印刷し、教室に貼ってブナの森の気持ちよさを子どもたちに熱弁しましたが…、さて、子どもたちに私の感動が伝わったかなぁ。72回生のみなさん、覚えていますか?


おまけ、
ブナの森からリフトに乗ったときの写真、みどりのトンネルです。